コントローラ搭載フラッシュメモリ

コントローラ搭載ソリューション

単体のフラッシュメモリを使用する場合には、エラー訂正(ECC)、不良ブロックの管理、論理-物理アドレス変換、書き換え回数の平準化(ウェアレベリング)等の処理が必要となります。 特に、大容量フラッシュメモリにおいては、プロセス変更に伴い、必要となるECCが高度化するなど、ホスト側での負担が増加してしまいます。

当社ではお客様のニーズに応え、大容量フラッシュメモリをご検討の方には、コントローラ搭載フラッシュメモリを推奨、提供しています。

製品ラインアップ

当社では、コントローラと、大容量フラッシュメモリを1パッケージに封止したコントローラ搭載製品e-MMC/UFSをラインアップしています。フラッシュメモリベンダーである当社により様々なフラッシュメモリテクノロジー世代で最適化された、ECC等のコントロール機能を搭載したフラッシュメモリ製品です。これらのソリューションを用いることにより、ホスト側での負荷の軽減、開発の簡素化、開発期間の短縮などが可能となり、メモリ製品を容易に安心して使用できます。

 

製品ラインアップ