次世代高速インターフェースPCIe® 5.0対応に向けたエンタープライズSSDの評価用サンプルの出荷について

2022年 7月26日
キオクシア株式会社

高性能サーバー/ストレージシステム用高速SSDをE3.Sと2.5インチ型のフォームファクターでラインアップ

PCIe® 5.0対応に向けたエンタープライズSSD「KIOXIA CM7シリーズ」

当社は、高性能サーバーやストレージシステム用に、次世代高速インターフェースPCIe® 5.0対応に向けたエンタープライズSSD 「KIOXIA CM7シリーズ」の評価用サンプルの出荷を本日から限定顧客向けに開始します。

新製品は、PCIe® 5.0 (Gen5) 4lane および デュアルポート2lane、NVMe™ 2.0対応に向けて設計しており、業界最速クラス[注1]の最大14 GB/sのシーケンシャルリード性能を実現します。

また新製品は、次世代のフォームファクターとして期待されるEDSFF(Enterprise and Datacenter Standard Form Factor)E3.S(イー・スリー・ドット・エス)で最大15 TB[注2]、従来の2.5インチ型[注3]では最大30.72TBまでの容量ラインアップをそろえる予定です。

さらに、ユーザーが必要なワークロードに合わせて、1 DWPD (Drive Writes Per Day)のリードインテンシブモデルと3 DWPD のミックスドユースモデルを用意する予定です。1 DWPDモデルはE3.Sで1.92 TB~15.36 TB、2.5インチ型で1.92 TB~30.72 TB、3 DWPDモデルはE3.Sと2.5インチ型共に1.6 TB~12.8 TBの容量をラインアップします。

当社は2021年11月に業界に先駆けてPCIe® 5.0インターフェース向けにE3.Sフォームファクターを採用したエンタープライズSSDを開発した後、今回さらに高速の次世代SSDを投入することにより、業界におけるリーダーシップを拡大するとともに、OEMメーカーでの高性能アプリケーションの開発に貢献していきます。

[注1] 2022年7月26日現在、エンタープライズ向けSSDとして。キオクシア株式会社調べ。
[注2] 記憶容量:1ギガバイト(1GB)=1,000,000,000(10の9乗)バイト、1テラバイト(1TB)=1,000ギガバイト(GB)による算出値です。しかし、1GB=1,073,741,824(2の30乗)バイトによる算出値をドライブ容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がドライブ容量として表示されます。ドライブ容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。
[注3] 2.5インチ型、U.3 接続においては、PCIe® Gen4 転送速度に制限されます。

*本サンプルは機能評価用です。量産時と仕様が異なる場合があります。

*DWPD: Drive Writes Per Day。 総書き込み容量 (TBW) をドライブユーザー容量 (TB) と定格寿命の日数で除した値です。ドライブ容量を1単位として、平均して毎日何単位書き込むと定格寿命到達時に総書き込み容量 (TBW) に達するかを示しています。

*読み出しおよび書き込み速度は、ホストシステム、読み書き条件、ファイルサイズなどによって変化します。

*PCIeは、PCI-SIGの登録商標です。
*NVMeは、NVM Express, Inc.の米国またはその他の国における登録商標または商標です。
*その他記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
販売推進統括部
Tel: 03-6478-2427
お問い合わせ先一覧

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容およびお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。