キオクシアとAerospikeによるデータベース・アプリケーションの性能向上の取り組みについて

2022年 7月27日
キオクシア株式会社

ストレージクラスメモリ(SCM)搭載SSDとソフトウェアの最適化で性能改善を実現

ストレージクラスメモリ(SCM)「XL-FLASH™」を搭載したNVMe™ エンタープライズSSD「KIOXIA FL6シリーズ」

当社はAerospike社と、同社のデータベース・アプリケーション「Aerospike Server Community Edition」の性能改善に取り組み、ストレージクラスメモリ(SCM)「XL-FLASH™」を搭載したNVMe™ エンタープライズSSD「KIOXIA FL6シリーズ」とキオクシアで最適化したソフトウェアを使うことにより、約36 %の性能向上を実現しました。Aerospikeとの評価結果の詳細は、8月2日から8月4日まで米国で開催される「Flash Memory Summit」でのキオクシアのブースにおけるデモおよび、8月2日に行われるキオクシアの基調講演で紹介します。

Aerospikeのデータベース・アプリケーションは、フラッシュメモリやSSDデバイス上で動作するように最適化されており、高いスループットと短い応答時間で高速のデータ処理を実現します。今回の性能改善に貢献したキオクシアのPCIe® 4.0/NVMe 1.4準拠デュアルポート対応のSSD 「KIOXIA FL6シリーズ」は、SCM「XL-FLASH」を採用することにより、DRAMと従来のTLCベースのSSDとの間にある性能ギャップを埋める低遅延を実現しています。高性能エンタープライズやデータセンターでの、キャッシュ層、ティアリング、書き込みログなど応答時間が重要な用途に適しており、60 DWPDの高耐久性で、最大3,200 GBまでの大容量ラインアップをそろえています。

*DWPD: Drive Writes Per Day。 総書き込み容量 (TBW) をドライブユーザー容量 (TB) と定格寿命の日数で除した値です。ドライブ容量を1単位として、平均して毎日何単位書き込むと定格寿命到達時に総書き込み容量 (TBW) に達するかを示しています。

*記憶容量:1MB (1メガバイト) =1,000,000 (10の6乗) バイト、1GB (1ギガバイト) =1,000,000,000 (10の9乗) バイト、1TB (1テラバイト) =1,000,000,000,000 (10の12乗) バイトによる算出値です。しかし、1GB=1,073,741,824 (2の30乗) バイトによる算出値をドライブ容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がドライブ容量として表示されます。ドライブ容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。

*NVMeはNVM Express, Inc.の米国またはその他の国における登録商標または商標です。
*PCIeはPCI-SIGの登録商標です。
*その他記載されている社名・製品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
販売推進統括部
Tel: 03-6478-2427
お問い合わせ先一覧

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。